コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » H1タグは1ページに複数あってもよいですか?

H1タグは1ページに複数あってもよいですか?

SEOコンサルタントの長濱です。

SEOの内部対策でH1タグについての質問をいただきましたので、それにお答えしたいと思います。

1つ目は「H1タグは1ページに複数あってもよいですか?」、2つ目が「H1タグはページの下部でもよいですか?」です。


■H1タグは1ページに複数あってもよいですか?

タグについては検索エンジン対策の側面とユーザビリティの側面で考える必要があるということを知っておいてください。

そもそもH1タグはページのタイトルです。そのため「1ページにH1タグが複数あるのはSEOとしてよくない」ということがよくいわれていたりします。コーディングのルールとして以前は、H1タグは1ページに1つといわれていたこともあり、間違ったコーディングはSEOとしてもよくない、という論理で広まったようです。

「H1タグは1ページに複数あってもよいですか?」の答えですが、「1ページに1つが望ましい」のですが、現在は多すぎなければ、複数あっても大丈夫です。とはいっても多すぎるとユーザが理解しにくくなるので、ユーザビリティを考えると多くても3個ぐらいまでがよいと考えます。

そのほかのデメリットとしては、1つ1つのキーワードの「重み」が弱まるということも覚えておいてください。


■H1タグはページの下部でもよいですか?

コーディングのルールとしては、必ずページの上部にということはありません。SEO対策として、ロボットはページのどこにあっても理解してくれます。

ただし、H2、H3といったタグが上にあって、下にH1がくるというのはおすすめできません。

Hタグは数字が小さいほうが重要と判断されます。数字どおりの順番でHTMLへ記述することで、効果的に検索エンジンに情報を伝えるためです。

また、Hタグで囲まれたテキストは、H1からH6まであり、それぞれのフォントサイズで表示するため、ユーザビリティとしても逆になるのはおすすめできません。


■まとめ

H1タグは1ページに複数あってもよいが、できるなら1つがよい。また、ページの下部でもよいが、上にH2やH3がくるのはよくない。

できるなら、「H1タグはページの上部に1つ」がおすすめです。

SEOに効く!コンテンツ制作サービス
については、こちらをクリックしてご覧ください。
http://www.seo-contents.jp/seo/


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る