コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » 【コンテンツSEO入門講座】 第11回:ブログの活用方法

【コンテンツSEO入門講座】 第11回:ブログの活用方法


SEOコンサルタントの粕谷です。

コンテンツSEOに大切な、「良質な記事をコツコツと提供していく方法」として、今回は「ブログの活用方法」を取り上げます。

コンテンツSEOにおいては、オリジナルコンテンツを継続的にサイトにアップできるブログは積極的に活用したいもののひとつです。



◆コンテンツSEOに効く!「ブログ」の活用方法は?

ブログで多いのは「今日のランチの話」「どこかに出かけた話」「家族の話」などを書いているもの。このようなブログは、書き手(店長やスタッフなど)の人柄を見せるには有効です。お客様に安心感を与えることができるので、長い目でみれば売り上げにつながる可能性があります。しかし、検索されたいキーワードがある程度入っている必要があるSEOの観点からいうと、SEOへの貢献度が低いブログになってしまいます。

コンテンツSEOに貢献度の高いブログにしたいのなら、日々の出来事を書く「日記形式」ではなく、戦略的に記事を作っていくことをおすすめします。
例えば、中古パソコン販売のサイトなら「パソコンの選び方」「パソコンとタブレットの違い」「初心者におすすめのパソコン」など、パソコンに関連のある話題ばかりを書いていきます。化粧品のサイトなら「店長おすすめの化粧品」「この冬の流行をメイクに取り入れる方法」「乾燥肌におすすめの対策方法」など、化粧品や美容にまつわる記事だけを書いていきましょう。


◆内部ブログ、外部ブログのどちらがいい?

次に、ブログの設置場所について考えてみましょう。

自社サイト内にブログをおく「内部ブログ」の場合、自社サイト内にキーワードを含むコンテンツを増やすことができます。コツコツ続けていくことで、自社サイトのページ数がどんどん増えていきますので、コンテンツSEOへの貢献度が高いブログになります。

一方、アメブロなどの無料のブログサービスを利用する「外部ブログ」の場合。フォーマットが用意されているので簡単に立ち上げることができる手軽さがメリットですが、自社サイト内にコンテンツを増やすことができません。外部ブログを利用する場合は、ブログの記事は基本的に自社の商品やサービスに関連話題にします。そして、各記事から自社サイトの該当ページにリンクを張っておきましょう。このようにすれば、外部要素の強化ができるので、SEOへの貢献が期待できるブログになります。

まだブログをはじめていない方は、まずは、自社サイトを強化できる内部ブログがおすすめです。WordPressなどをインストールして、さっそく、ブログをはじめてください。そして、内部ブログが軌道に乗ってきたら、次は外部ブログにも挑戦してみてくださいね。




◆【コンテンツSEO入門講座】バックナンバー ◆


こちらをクリックしてご覧ください。




SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る