コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » 効果の上がるSEOコンテンツの書き方

効果の上がるSEOコンテンツの書き方

自社のWebサイトを検索エンジンに正しく認識させ、検索結果の上位に掲載されるように工夫することを、SEO(Search Engine Optimization)、日本語で「検索エンジン最適化」といいます。

※参考※コラム「SEOって何?」



SEOでは、(1)キーワードの最適化(2)コンテンツの最適化(3)タグの最適化が重要となりますが、特に(2)のコンテンツ最適化については、具体的にどう書いてよいかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、SEOコンテンツの書き方のポイントについて、順を追って、ご紹介したいと思います。

◇ステップ1:情報を集める

まずは、キーワードについての情報を、しっかりリサーチしましょう。選定したキーワードについて、ある程度、知識を持っていたとしても、すぐに原稿を書き始めることはしないでください。ポイントは「旬な情報を盛り込む」こと。

テレビや雑誌、インターネットなどで、話題になっていることを探しましょう。メインとなるキーワードのほかに"旬な情報"を盛り込むことで、検索される可能性が高まりますし、読者にとって魅力的なSEOコンテンツにすることができます。 


◇ステップ2:キーワードを意識しない

ステップ1で得た情報をもとに、原稿制作にとりかかります。ここでのポイントは「キーワードを意識しすぎないこと」。キーワードを意識しすぎると、内容への配慮がおろそかになり、魅力的なSEOコンテンツを作ることができません。

キーワードはあとで「減らす」よりも、「増やす」ほうが、実は簡単。まずは、キーワードを意識せずに原稿を制作し、その後、適切な箇所にキーワードをプラスしていくようにしましょう。


◇ステップ3:チェックはユーザー視点で
 
「キーワードが適切に盛り込まれているか」「原稿として魅力ある内容となっているか」をチェックしましょう。ポイントは「ユーザー視点で原稿を読む」こと。

検索エンジンロボットの性能や情報分析能力が向上した今、コンテンツの内容もSEOの判断基準として捉えられています。ユーザーにとって役立つかどうかが、SEOコンテンツとしての重要なポイントとなっているのです。

せっかく訪れたWebサイトに、いかにもSEOだとわかるような文章が並んでいるのは、読者に不快感を与えることになりかねません。自社Webサイトを訪問してもらうことがSEOの目的なのに、せっかく訪れてくれた読者をがっかりさせてしまっては本末転倒ですよね。内容に配慮したSEOコンテンツを制作して、Webサイトを充実させていきましょう(上池 奈津)


SEOに効く!コンテンツ制作サービス
については、こちらをクリックしてご覧ください。


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る