コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » Googleアナリティクスでチェックしたい項目とは?

Googleアナリティクスでチェックしたい項目とは?

SEOコンサルタントの長濱です。

Googleアナリティクスを使えば、Webサイトの運営に必要なデータが見られます。

今回は、SEOの観点でGoogleアナリティクスを見るとしたら、少なくともここだけはチェックしたいという項目をご紹介します。


■Googleアナリティクスではどんなデータが見られるの?

SEOに取り組んでいるという方なら、Googleアナリティクスを利用しているという方も多いでしょう。

ただ、取得できるデータの数が多くて、どこを見たらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?

Googleアナリティクスでは、次のようなデータが見られます。

・どのようなユーザーが多いか(性別、年齢、地域など)
・ユーザーがどこから来ているか(検索、広告、など)
・ユーザーが最初に見たページはどこか
・ユーザーによく見られているページはどこか
・ユーザーが離脱したページはどこか
・ユーザーがコンバージョンしているか


■ユーザーがどこから来ているかを把握

SEOを行っていれば、広告などからの流入よりも検索からの流入が増えてくるはずです。

Googleアナリティクスでは「集客→すべてのトラフィック→チャネル」と見ていくと、ユーザーがどこから来ているかがわかります。

項目としては、Organic Search、Paid Search、Display、Social、Referral/th>、Direct、Email、Other Advertisingといったものがあり、検索エンジンから流入していれば「Organic Search」が増えるでしょう。

ちなみに、広告の場合は「Paid Search」、ブックマークやURLを直接入れる場合は「Direct」、ソーシャルメディアからなら「Social」を見れば、どこから来ているかが把握できます。


■ユーザーが最初に見たページを把握

SEOでは、ランディングページを知ることも大切です。ランディングページとは、ユーザーが最初に見たページのこと。

こちらはGoogleアナリティクスの「行動→サイトコンテンツ→ランディングページ」で、確認することができます。

いろいろな数字がありますが、URLごとに(セッション数、コンバージョン率、完了数)などを確認するとよいでしょう。


■ユーザーが使っているデバイスを把握

スマホの利用者が増えている昨今、PCサイトとスマホサイトではページの見え方が違うため使用デバイスを知ることはとても重要です。

Googleアナリティクスでは「ユーザー→モバイル→概要」と見ていくと、ユーザーが使っているデバイスがわかります。

ユーザーの使用デバイスを把握し、サイトを適切に改善していくとよいでしょう。


コンテンツSEOに取り組んでいる方は、検索結果の順位だけではなくGoogleアナリティクスの指標も確認することをおすすめします。


「SEO最新ニュース」(無料メルマガ)にご登録ください。
SEOコンサルタントの長濱が、SEOに関する最新ニュースをピックアップ。
Googleの動向、役立つツール、ニュース情報等をお届けします。
登録はこちらから↓
http://gliese.co.jp/mailmagazine/


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る