コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » 自社サイトの現状分析をしよう【コンテンツSEOにお役立ちツール】

自社サイトの現状分析をしよう【コンテンツSEOにお役立ちツール】


SEOコンサルタントの粕谷です。

SEOに強いサイトを作りたいと考えるなら、最初にやっておきたいのが、自社サイトの現状分析。
そこで、分析に役に立つツールをご紹介しましょう。

ツール編02.PNG
この記事でご紹介するのは、
「SEOチェキ!」。

確認したいサイトのURLを入力すると、解析結果が表示されます。

表示されるもののうち、確認をしておきたいもののひとつが、タグ。
コンテンツSEOで重要な3つのタグ(titleタグ、descriptionタグ、h1タグ)に何が書かれているかがひと目でわかります。
タグが入っていないことがわかったら、すぐに入れてくださいね。


その他に確認をしておきたいものを2つご紹介しておきましょう。


●インデックス数

インデックス数とは、検索エンジンが認識しているページ数です。
インデックス数が多いと、検索エンジンが認識しているページが多い、ということです。

もし、自社サイトに存在しているページ数とインデックス数に大きなかい離がある場合は、
検索エンジンが認識しないページが存在している、ということになります。
原因としては、コンテンツの内容が似ているため重複ページであると検索エンジンが認識していることが考えられます。
コピペなどで制作した重複ページがないか、すぐにチェックしてくださいね。

検索結果に有利なのは、インデックス数が多いサイトです。
良質なコンテンツを載せたページをコツコツを増やしていきましょう。


●被リンク数

被リンクとは、他のサイトからリンクをはってもらうことです。
以前は、被リンク数が多いほうがよいとされていましたが、どんなサイトからの被リンクかも重要視されています。

質の良い被リンクなら多いほうがよいですが、質の悪い被リンクはペナルティの対象になります。
どのようなサイトがリンクをはっているのかも調べることができますので、確認をしてみましょう。

過去にリンクを買ったことのあるサイトの場合は、自社サイトとは全く無関係のサイトからの被リンクが見つかることがあるかもしれません。そのような場合は、可能なら、不要なリンクを外してもらうよう依頼することをおすすめします。


おなじような機能をもつサイトは、ほかにもあります。
●SEO TOOLS(SEOツールズ) http://www.seotools.jp/ 

いろいろなサイトを利用してみて、使いやすいサイトを見つけてみてくださいね。



こちらをクリックしてご覧ください。




SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る