コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » Google検索で大切なワードに取り消し線が引かれる! その対処法は?

Google検索で大切なワードに取り消し線が引かれる! その対処法は?

SEOコンサルタントの長濱です。

今回は「Google検索で大切なワードに取り消し線が引かれる」という話についてお伝えします。


■Google検索で勝手にワードに取り消し線が引かれる

「最近Googleで、複数のワードを入力して検索すると、勝手に打ち消し線を引いてワードを取捨選択し、結果を返してくる」という声を聞くようになりました。

「あえて専門用語や固有名詞を入れて検索しているのに、勝手に専門用語や固有名詞を打ち消す」「Googleが、どんどん問題解決・情報収集のツールから遠ざかっていく・・・」とTwitterに不満を書き込むユーザーもいるようです。

なかには「google検索 取り消し線 防止」で検索したら、「防止」に打ち消し線を引かれ結果を返されたという人も。Google検索は、求めている答えを検索しにくくなってきたのでしょうか?


■「取り消し線が引かれる」の対策方法は?

「これほんと困る」という声が上がる、Googleの取り消し線問題。

そこでここでは、意外と知られていない「Google検索の使い方」と対策方法をご紹介します。

1.検索演算子を使う

「特定のキーワードを確実に含めたい」という場合は、検索ワードを二重引用符(")で囲むという方法があります。

例: "世界一高い建築物"

のように入力すると、クエリと同じ記述を探してくれます。


2.「ツール」から「完全一致」を選択する

検索時に表示される「ツール」をクリックし「すべての結果」を「完全一致」に変更すれば、指定したワードを含めてくれます。


「取り消し線が引かれる」の対処法ではありませんが、Google検索ヘルプの「ウェブ検索の精度を高める」も参考にしてください。

求めている検索結果を出しやすくなると思いますよ。

「SEO最新ニュース」(無料メルマガ)にご登録ください。
SEOコンサルタントの長濱が、SEOに関する最新ニュースをピックアップ。
Googleの動向、役立つツール、ニュース情報等をお届けします。
登録はこちらから↓
http://gliese.co.jp/mailmagazine/


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る