コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » 7月24日、「Google AdWords」は「Google広告」へ

7月24日、「Google AdWords」は「Google広告」へ

SEOコンサルタントの長濱です。

今回は、Googleが提供する広告関連サービスの変更についてご紹介します。



■「Google AdWords」は「Google広告」へ

2018年7月24日、Googleが広告ブランドの名称を刷新。それにより「Google AdWords」は「Google広告」という名称に変わります。

新ブランド「Google 広告」には、Google検索やYouTube、Googleマップ、Google PlayストアといったGoogleのサービスと、広告を出稿するサービスが含まれます。


■何が変わるの?変わらないの?

7月24日から、ブランド名とともにロゴが変更されます。

また、URLが変更になります。

アカウントへのアクセスに使うURLは、
https://adwords.google.co.jp → https://ads.google.co.jp(7月13日現在公開されていません)

ヘルプセンターのURLは、
https://support.google.com/adwords → https://support.google.com/google-ads

となります。

ただし、キャンペーンの掲載結果や既存の広告の掲載状況やレポートに影響することはなく、さらに管理画面もブランドが変わるだけで操作方法に変更はないようです。


今回のブランド変更で、2000年10月に米国でサービスを開始した「Google AdWords」は、開始から18年弱でその歴史を閉じることになりました。

変更当初は名称に違和感を覚えることがあるかもしれませんが、早く慣れていきたいですね。

「SEO最新ニュース」(無料メルマガ)にご登録ください。
SEOコンサルタントの長濱が、SEOに関する最新ニュースをピックアップ。
Googleの動向、役立つツール、ニュース情報等をお届けします。
登録はこちらから↓
http://gliese.co.jp/mailmagazine/


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る