コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » 「医療広告ガイドライン」施行後の症例写真の載せ方

「医療広告ガイドライン」施行後の症例写真の載せ方

SEOコンサルタントの長濱です。

2018年6月1日に「医療広告ガイドライン」が施行されました。

施行されたことで、医院や歯科医院などのWebサイトは大きな変化を求められています。

前回は「医療広告ガイドラインとは?」についてカンタンに説明しました。

今回は、医療機関サイトでの症例写真やビフォー・アフター写真の載せ方についてご紹介します。


■症例写真やビフォー・アフター写真の載せ方

医療広告ガイドラインは、これまでは加工した写真など不適切な情報がネット上に掲載されるケースが相次いでいたため、患者が正しい情報に基づいて医療機関を選べる指針として定められました。

ガイドラインでは、手術前後の写真の掲載は患者によって効果が変わるため原則禁止です。しかし、ガイドラインが施行後も医療機関のホームページには症例写真やビフォーアフター写真が掲載されています。

それはなぜか?

一定の条件を満たせば症例写真が許されているからです。ガイドラインには『術前術後の写真に通常必要とされる治療等の内容、費用等の詳細な説明を付した場合についてはこれに当たらないものであること』とあり、副作用のリスクや治療内容の詳しい説明があれば規制の対象外となるのです。

2018年6月現在、美容医療系のサイトには「施術の内容」や「料金」、「リスク、副作用」が掲載されるようになっています。

例)
施術の内容:埋没法は上まぶたをとめて二重にする治療方法です。メスを使わないため、腫れも少なく抑えることができます。
料金:50,000~60,000円
リスク、副作用:赤み、腫れ、熱感、内出血など


このように症例写真を掲載する際は、必ず載せるようにしてくださいね。


「SEO最新ニュース」(無料メルマガ)にご登録ください。
SEOコンサルタントの長濱が、SEOに関する最新ニュースをピックアップ。
Googleの動向、役立つツール、ニュース情報等をお届けします。
登録はこちらから↓
http://gliese.co.jp/mailmagazine/


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る