コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » 音声検索SEOに役立つ、調査分析で見えてきたものとは?

音声検索SEOに役立つ、調査分析で見えてきたものとは?

SEOコンサルタントの長濱です。

今回は、これからホットなトピックになりそうな音声検索SEOについてご紹介します。

「OK, Google!」と呼びかけるCMなどでもおなじみのGoogleの音声検索。わざわざ文字を打ち込む必要がなく、とても便利ですよね。


■Googleの音声検索とは?

Googleの音声検索は「OK, Google!」に続けて、「いちごのカロリーは?」「近くのコーヒーショップは?」「今、ニューヨークは何時?」などの質問をすると答えを返してくれるものです。


■Google Homeが回答した1万件の音声検索結果を調査分析して、見えてきたものとは?

音声検索SEOでは、スピーカーから返される結果は1件だけ。その1件はどのように選ばれるのでしょうか?

最近発表になった「スマートスピーカーGoogle Homeが回答した1万件の音声検索結果を、Backlinkoが調査、分析した結果」から見えてきたことをいくつかご紹介します。

特徴として以下のようなことが見えてきました。

・ページの表示速度が速い
 音声検索結果のページの読み込み時間は4.6秒で、平均よりも52%速い。

・クエリに対して簡潔な回答
 平均的な音声検索結果は29語だった。

・ソーシャルでの反応が高いコンテンツ
 音声検索の結果は平均して、1,199のフェイスブックのシェアと44のツイートを獲得していた。

・シンプルで読みやすいコンテンツ
 平均的な音声検索結果は中学生でもわかるレベルだった。

・PC検索で上位表示しているコンテンツ
 実際に、音声検索のおよそ75%が、そのクエリでPC検索の上位3位以内に入っていた。

・強調スニペットから
 音声検索の回答の40.7%が強調スニペットからだった。


これらはアメリカでの調査結果として見えてきた特徴で、日本では少し変わるでしょう。また、この通りに対策をしたとしてもSEOに効くとは限りませんが、2020年までに、全検索の50%は音声になるという調査結果も出ています。

音声検索SEOでは、スマートフォンで音声検索をすると、通常の検索結果画面で返されることがあります。

そのときに検索エンジンに選んでもらえるために、どのようなコンテンツを作り、最適化を行うべきかを考えていきたいですね。


「SEO最新ニュース」(無料メルマガ)にご登録ください。
SEOコンサルタントの長濱が、SEOに関する最新ニュースをピックアップ。
Googleの動向、役立つツール、ニュース情報等をお届けします。
登録はこちらから↓
http://gliese.co.jp/mailmagazine/


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る