コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » ページ表示速度を改善しよう

ページ表示速度を改善しよう

SEOコンサルタントの長濱です。

今回は「ページ表示速度を改善しよう」という話です。

先日Googleは、今年7月にページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用する(Speed Update)を導入すると発表しました。


■ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用

2018年1月18日、Googleはウェブマスター向け公式ブログに、『ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します』と発表しました。

その記事には、「読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。」とあります。

このブログの「2018年のSEOは?」の記事でも、2018年改善が必要になりそうなのが「ページスピード」だという話を紹介しています。

記事の中では、ユーザー体験の向上という点でも、ページスピードの重要性はさらに高まることを紹介しています。

今回、ランキングに使われると発表があったのはモバイル向けページについてですが、PC向けページでも重要です。


■ページ表示速度を測定しよう

まず、改善するには現在の状況を確認する必要があります。まずはサイトのページ表示速度を測定しましょう。

Googleのアルゴリズムと一致するわけではありませんが、以下3つのツールで測定することができます。

1.Google PageSpeed Insights

測定したいページのURLを入力し「分析」ボタンを押すと、入力したURLの「ページ速度スコア」と「ページ表示速度改善のアドバイス」をしてくれるツールです。

モバイル、パソコンともに、次のようなことについて修正方法をアドバイスしてくれます。

・圧縮を有効にする
・ブラウザのキャッシュを活用する
・画像を最適化する
・スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしているJavaScript/CSSを排除する
・CSS/JavaScriptを縮小する
・サーバーの応答時間を短縮する

2.Test My Site(テストマイサイト)

測定したいページのURLを入力し「→」ボタンを押すと、入力したURLの「3Gでの読み込み時間」と「訪問者の推定離脱率」を表示してくれるツールです。

さらに詳しい内容が知りたい方は「無料レポート」を取得することができます。

3.Googleアナリティクスのサイト速度

Googleアナリティクスの「サイト速度」は「Googleアナリティクス」の分析項目の1つです。

こちらは、Googleアナリティクスにログイン後、「行動」→「サイト速度」→「概要」とクリックしていくと確認できます。


■ページ表示速度とSEOの関係

サイトのページ表示速度は、検索ランキングのシグナルとして導入されていますので、SEOと関係があります。ただ、200以上あるシグナルの1つにすぎず、影響はそれほど大きくはありません。

ただ、サイトのページ表示速度は、離脱率に大きく影響します。モバイルで読み込みに3秒以上かかるページからは53%の訪問者が離脱するというデータもあるからです。

ぜひ、サイトのページ表示速度をアップし、ユーザーが使いやすいコンテンツにしましょう。


「SEO最新ニュース」(無料メルマガ)にご登録ください。
SEOコンサルタントの長濱が、SEOに関する最新ニュースをピックアップ。
Googleの動向、役立つツール、ニュース情報等をお届けします。
登録はこちらから↓
http://gliese.co.jp/mailmagazine/


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る