コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » モバイルページでコンバージョン率を上げるためのポイント

モバイルページでコンバージョン率を上げるためのポイント

SEOコンサルタントの長濱です。

一番身近なデバイスがスマートフォンになり、行動もモバイル中心になってきました。検索もモバイルばかりという人も増え、WEBページのモバイル化は当たり前。

今回はモバイルページでコンバージョン率を上げるためのポイントを3つご紹介します。


■キーパッドを最適化する

スマートフォンでメールアドレスや名前などの情報を入力するとき、思い通りに操作できずストレスを感じることはたいへん多いでしょう。

スマートフォンの文字入力は、画面下部に現れるソフトウェアキーボードで行いますが、入力内容によっては切り替えが必要になります。

スマートフォンでは特定の属性を指定することで、入力内容に最適化されたソフトウェアキーボードを表示することができます。

たとえば、メールアドレスを入力する場合は、デフォルトのものよりも「@マーク」が表示しているキーパッド、電話番号などの場合は数字のほうが入力が簡単という具合です。

キーパッドを最適化することで離脱を防ぎ、コンバージョンを上げましょう。


■入力項目を減らす

PCの場合と同様に、いざ申し込みフォームに入力しようと思ったら、入力項目が多かったということは多いもの。

特に画面の小さなスマートフォンでは、入力欄が増えれば増えるほど離脱が増えます。「カーソルを移動する」という手間が増えれば増えるほど、それは顕著になります。

入力項目をできるだけしぼり、電話番号や名字と名前などは欄を分けないようにしましょう。

フォームへの流入が多ければ多いほど、申し込みフォームを変えるだけで、コンバージョンは大きく変わります。


■タップするオブジェクトの面積は大きくする

画面の小さなスマートフォンは、タップがしづらいものです。特にタップエリアが小さいと、思い通りにタップできずストレスを感じるでしょう。

なぜなら、指には厚み・幅があるため、マウスのように狭い範囲の選択は難しいもの。

そのため、タップするオブジェクトの面積は大きくし、周囲に余計なリンクを排除するようにしたいですね。


今回はモバイルページでコンバージョン率を上げるためのポイントとして3つご紹介しました。

これ以外にもモバイルならではのポイントはあると思います。ここが面倒、たいへんという部分がないかを考えて、改善していってくださいね。

SEOに効く!コンテンツ制作サービス
については、こちらをクリックしてご覧ください。
http://www.seo-contents.jp/seo/


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る