コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » SEOで重要なキーワードの選び方例

SEOで重要なキーワードの選び方例

SEOコンサルタントの長濱です。

いまやインターネットで情報を調べるのに、検索エンジンは欠かせません。

多くの人は、Google、Yahoo!、Bingといった、さまざまな検索エンジンを使って情報を集めたり、商品やサービスを選んだりするからです。

そのため、商品やサービスを知ってもらい、選んでほしいと思う方にとって、検索順位を上げるためのSEOは重要です。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化という意味です。簡単にいうと、Webサイトを検索エンジンの表示結果ページの上位に表示されるように工夫するための技術になります。今回は、SEOで重要といわれる「キーワードの選び方」について一例をご紹介します。


■SEOは、キーワード選びが大切

まず、自分のWebサイトにやってくる人は、どんな言葉で検索するのかを考えなくてはなりません。

例えば、名前を知っている商品を購入しようと思う方なら、「商品名+販売」や「商品名+通販」というキーワードで検索するでしょう。

こういった検索キーワードを見つけるために、さまざまなツールを使って、データを分析していきます。

例えば、どんな言葉でよく検索されているか調べる場合、無料なので、完璧というわけではありませんが、SEOチェキ!( http://seocheki.net/ )といったツールを使ってもよいでしょう。

このように、SEOではキーワードを選んでいくことが大切です。

■SEOでのキーワードの選び方例

では、実際にSEOでどのようにキーワードを選んでいけばよいのか、名古屋市にある歯科医院を例に、ご説明します。

歯科医院を探している方は、「歯科医院」と検索するかもしれませんし、「歯医者」と検索するかもしれません。

同じような意味の言葉でも、検索結果は大きく変わってきます。

ちなみに、Google Adwordsのキーワードツールで調べてみると、月間検索ボリューム(月間で、そのキーワードが検索されている回数)は、「歯科医院」が670,000件、「歯医者」が、1,000,000件ありました(平成25年5月現在)。

この結果から「歯医者」のほうがよく検索されるということがわかりました。

次にGoogleで「歯医者」を検索してみると、上位には「歯医者さんネット」や「歯医者なび」という歯医者さんを探すためのポータルサイトが表示。もし、探している方がそのままポータルサイトを使って検索してしまえば、直接自分のサイトに来てくれることはありません。

そういったことを考えると、SEOでは、「歯医者」といった単独キーワードで上位表示させるのは難しいと想像がつきます。

■「地域キーワード」を追加する

そこで次に、自分の歯科医院に来てくれそうな患者さん(見込み客)が、「歯医者」の次にどんな言葉を入れるかを考えてみます。

治療に通うことを考えたら、自分が住んでいる場所に近いか、勤務先に近いか、駅が近い便利な場所か?という視点で探すのではないか、という想像ができます。

例えば、名古屋の歯科医院を探すなら「歯医者 名古屋」としたり、名古屋駅に近い医院を探すなら「歯医者 名駅」としたりして、キーワードを追加するということです。このようにキーワードを追加していくと表示結果の数が減り、自分のWebサイトが上位表示する可能性が高まります。

この方法は、飲食店など、限られた地域だけでサービスを提供しているサイトで、見込み客を集めるのに効果的といわれています。

SEOでキーワードの選び方は、これ以外にもさまざまあります。

インターネット上にあるいろいろなツールを利用して、ぜひ上位表示を目指してくださいね。

nagahama.jpg


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る