コンテンツSEO研究所

コンテンツSEOの成功事例(1)

グリーゼといえば、メルマガ制作の会社。
そう思われている方が多いでしょう。

「なぜ、グリーゼがSEOなの?」

きょうは、このテーマで書いていきたいと思います。


2012年5月のゴールデンウィーク。

グリーゼの新しいサービスメニューを探すべく、SEOの勉強に真剣に取り組んでいた私は、「コトバの、チカラ」のサイトで、コンテンツSEOのテストを行ってみました。

実施したのは、以下の2点の修正。

・titleタグ、metaタグ(descriptionとkeywords)の修正
 目標キーワードを洗い出し、全23ページのtitleタグとmetaタグ(descriptionとkeywords)タグをひとつひとつ修正しました。

・本文中のキーワード(例えば「メルマガ」)の見直し
 本文を読みながら、文脈を崩さずにキーワードを入れられるところを探しました。キーワード出現率などは意識せず、流れの中にキーワードを盛り込めるようにライティングを行いました。

この2点だけで、検索順位に変化を与えることができるのか?
というテストです。SEO対策でいうところの内部要因対策ですね。

→ 続きはこちら ]

コンテンツSEOとは?

スタッフブログタイトルを「コンテンツSEO研究所」と付けてみましたが、そもそも「コンテンツ」の定義って、なんでしょう?

コンテンツSEOとは・・・

「コンテンツ」をIT用語辞典( http://e-words.jp/ )で調べると、以下のような説明が出てきます。
―――――――――――――――――――――――
内容、中身という意味の英単語。メディアが記録・伝送し、人間が観賞するひとまとまりの情報、
すなわち、映像や画像、音楽、文章、あるいはそれらの組み合わせを意味することが多い。
具体的には、ニュース、小説、映画、テレビ番組、歌、デオゲーム、マンガ、アニメなど。
(後略)
―――――――――――――――――――――――

インターネットの世界では、どうでしょう?

→ 続きはこちら ]

SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る