コンテンツSEO研究所

SEOに効く!コンテンツ制作HOME » コンテンツSEO研究所 » レスポンシブウェブデザインにするメリット・デメリット

レスポンシブウェブデザインにするメリット・デメリット


SEOコンサルタントの長濱です。

これからのSEOではレスポンシブウェブデザインの導入が重要となってきています。

それを裏付けるように、Googleウェブマスター向け公式ブログでも「モバイル専用サイトからレスポンシブサイトに移行する方法」として、レスポンシブサイトに移行する際のおすすめな方法を案内していました。

そこで今回は、レスポンシブウェブデザインのメリット・デメリットを簡単にご紹介します。


■レスポンシブウェブデザインとは

PCやスマートフォン、タブレットなどデバイスサイズに応じてCSSを切り替えて、ひとつのHTMLで見せ方を変える方法のことをいいます。


■レスポンシブウェブデザインのメリット

メリットとしては、次のようなものがあります。

・デザインが端末の大きさによって変えられるため、読みやすい
・同じコンテンツで複数ページの更新が不要となるため、サイトを管理しやすい
・どのデバイスでもURLが同一になるため、SEO効果が期待できる
・モバイル用もPC用もまとめて1サイトとして作成できるため、リソースが節約できる


■レスポンシブウェブデザインのデメリット

一方、デメリットとしては、次のようなものがあります。

・モバイルサイトでもPC用のHTMLコードやCSSも読み込むため、データ量が多くなり表示に時間がかかる
・ガラパゴス携帯に対応していない
・テキストや画像が多すぎる場合など、表示サイズによってレイアウトが崩れることがある
・設計やデザインに注意が必要で、制作する際に通常より工数がかかる場合が多い


■これからのSEOでは欠かせない方法

レスポンシブウェブデザインは、モバイルフレンドリーサイトとして認定されやすく、直接的なSEO効果はありませんが、スマホユーザーなどに対してコンテンツをしっかりと見てもらうためにも必要です。
また、公式ブログでも案内しており、これからのSEOでは欠かせない方法といえるでしょう。
メリット・デメリットを考慮しつつ、導入を検討してみてはいかがでしょうか?


「SEO最新ニュース」(無料メルマガ)にご登録ください。
SEOコンサルタントの長濱が、SEOに関する最新ニュースをピックアップ。
Googleの動向、役立つツール、ニュース情報等をお届けします。
登録はこちらから↓
http://gliese.co.jp/mailmagazine/


SEO対策でお悩みの方へオススメ
SEOコンサルタント
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64
ライティング専門会社が16社の事例を参考に教える、SEOに効く!Webサイトの文章作成術
SEO対策の費用等、よくあるご質問
SEOに効く!コンテンツ制作のライティングサービスお問い合わせ


ページTOPに戻る